安心院テラコヤとは?

terracoya

今こそ「温故知新」。

大分県は宇佐市、安心院町の里山にある。
築100年の古民家民泊です。

この古民家は、過去に本物の寺子屋(私塾)だった経緯もある由緒ある家で、その時の当主は、「ものさし」の目盛りの特許を持っていた方だとお聞きしています。

それまでは、和尺(鯨尺)のものさししか無かった時代に、センチメートル法も使える「ものさし」を発明した方なんだとか。

その方が、ここで子供達を集めて寺子屋を行っていたそうで、私達がここを使わせて頂ける事になった際にも、寺子屋と地球や大地を現す「terra(テラ)」を会わせて「tarracoya(テラコヤ)」といたしました。

古きを訪ねて新しきを知る。
新しいばかりが、便利なばかりが進化ではない時代がやってきました。

都会の喧騒や忙しい時間の輪から、少し外れて。
築100年の古民家体験や、自然の中で、自分の事や、社会の事、色々と見つめてみてはいかがでしょうか?

きっと何か発見があるはずです。

こんな方々にお勧めします。

まずは、安心院町で「ゆっくり・のんびり」したい方

まずは「ゆっくり・のんびり」しに来んね?
空気はうまいし、温泉もあるし、足を伸ばせば、湯布院も別府もスグです。
体験メニューとして、囲炉裏体験や、マクロビオティック料理体験、マウンテンバイクのサイクリング、沢歩き、などなどもご用意しております。

「田舎暮らし体験」したい方

田舎暮らしは、スローライフ。などと言うお話がありますが、間違いなく都会の方が考えた幻想です。田舎暮らしは、実は結構忙しい。
農業に、草刈に、家の手入れに、薪割りに・・・・・そんな多忙なスローライフを通じて、「人間本来の暮らし」がいかに「大変だけど楽しい」のかを体験しませんか?
つまり、何もすることが無いからスローなのでは無く、都会の事なんか考える暇も与えない!からこその本物のスローライフがここにあります。

「お試し移住体験」したい方

まだこの古民家に出会っていなかった2011年3月以降。
東京に6年間住んでいた頃の繋がりや友人を伝って、「大分に住みたいんですが?」と言う自主非難の方が、凄い数来られました。
当然ながら、家は事実上開放していたので、ポスト311以降は1年以上誰かが住み着いてるか、泊まっているかみたいな状況が続きました。
今回、ようやく宿泊所を運営するに当たって、この民泊は、大分周辺で家探しをしたい方の最初のお試し移住の場になればと考えています。
まずは、同じく移住者である私達の生活を見て、近所のスーパーで買い物をしたり、温泉に行って見たり、と言う大分の生活を体験する「最初の一歩」になれれば幸いかと思っております。

家族やカップル、仲間内やお店などのレクリエーションに

むしろ遊びの場としての田舎!と言うのもモチロン有りです。
アウトドアや、釣り、バイクでのツーリングの宿泊や、歴史探訪や聖地巡りなどなど大分県北は魅力いっぱい!
当民泊でもポタリング(サイクリング)、フライフィッシング、佐伯市蒲江でのボートフィッシングなどもご用意。

ワークショップの開催や、地元と移住者、移住者と移住者を繋ぐ場として

民泊としての使い方だけではなく、「空間」や「場」としての有り方も模索しています。
講師を招いての各種ワークショップの開催や、料理教室、上映会なども企画中です。
それぞれのイベントが、地元の方々とここ数年の移住者の方々と、または移住者の方々同志の交流の基盤になっていければ幸いです。

まだまだ、メニューは追加されて行きます。
何せ、全ては今からなのです。